FC2ブログ

Headline Reading

2018/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2018/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスタルリーディングと数秘術

clip_image002.jpg

Crystal Reading
神智学研究者 仮名 春日氏 38才をリーディング

パワーストンを置いた形は十字架を作っています。
これは神秘なる力を示しクダンダリーニエネルギーが覚醒したことを教えています。しかし十字架の形が歪なため貴方にはまだ解決しなければならない問題があることを教えています。
【バイカラートルマリン】
中央に置いたバイカラートルマリンは仕事を表します。
バイカラートルマリンの全体的な色構成から次のようなことがわかります。淡いグリーンとクリアピンクとの輝きは愛と癒しの性質を持つエネルギーを調和させる力を持っています。トルマリンは宇宙からの高い徳や重要な法を伝え、自分自身が光輝き、光と繋がらせてくれる働きをします。仕事の暗示は神秘なる治療家であり宇宙の光輝な波動(慈愛なる波動)を使って治療します。トルマリンの放す波動は宇宙から情報を伝え光と繋がる力は波動研究者としてのもう一つ顔を表しています。
バイカラートルマリンの配置と合致する数秘術の数秘は4です。
すべての保守傾向をきらい周囲との調和があろうとなかろうと
自分の信じる型にはまった常識的判断に答えを見出す傾向があります。

カバラ数秘術の数秘は4です。
陽(+) 論理的、聡明、博識、現実的、忠実、親切、合理的、責任感、勤勉、忍耐力
陰(-) 保守的、偏見、杞憂、依存心、被害妄想、頑固、懐疑的、破滅的、打算的

純粋で誇り高き忍耐と広義の愛に基づく慈悲がある心です。何でも器用にこなしその気になればどんな壁も突破し独走するでしょう。精密機械のような頭脳で頭の回転が速く内に秘めた激しい感情を持つ複雑な人です。計画性があり、堅実に合理的に物事を進めて行くタイプです。型破りな幸福の原理を受容する柔軟さを持ち合わせその頭脳は情報処理能力が高く、すべての未来に関するデーターを分析して未来予想するための様々な計算を可能にします。しかし知性と感情が同居していて感情に支配されやすい面があり、未来予想がネガティブな結果を予想したときにストレスやジレンマに支配されやすい傾向があります。
高速で回転し続ける頭脳は様々な可能性を発見し、枝分かれした可能性はスピリチュアルという大海で溺れてしまう
経験を繰り返すのちその経験を参考点という経験値としてつかえるようになります。自己存在の中に新たなるハイヤースピリットを発見して世界観は倍化するでしょう。
彼はは比類まれなホストコンピューター型高速処理頭脳を持ち合わせた
スピリチュアル真理の実践者です。

【セレスタイト】
十字架の上部に配置したセレスタイトは方向を暗示します。
生涯・スピリチュアルな世界に身を置き情熱的な研究心で真理を追い求めて意識を高くアセンションしていきます。セレスタイトの波動は、天上界へいたるスピリチュアルな道のりの途中で安息を与えます。スピリチュアルワーカーである貴方にとって必要不可欠なパワーストンです。

セレスタイトの配置と合致するカバラ数秘術の数秘は6です。
陽(+)独創性 忍耐力 向上心 温厚 誠実 親切 献身的 感受性 優雅 審美眼
陰(-)自信過剰 頑固 嫉妬 独占欲 我侭 誇張表現 自閉的 打算的 喪失感
スピリチュアルな宇宙真理をもとめて行動する貴方は感性の世界の住人です。ロマンを追い求めて生きています。ありふれた出来事には無関心で動じた姿は滅多に見せません。いつもマイペースで穏やかですが、内に秘めた感情の波は激しく傷つきやすい繊細なハートの持ち主です。
そのため自分が目にしたり感じたり不均等なすべての存在を否定する傾向があります。しかし宇宙とは矛盾という陰陽バランスが全てを支配しています。矛盾している出来事をどの程度まで容認するかによって求めて探していたことを手に入れることができます。

【ラリマー】
十字架の左側に配置したラリマーは潜在意識の情報を表しています。
心の奥底に怒りや憎しみ、トラウマによる妄執などを隠し持っています。それがある種の思いこみになって、予期しないときに訳の分からない怒りや偏見となって現れ、せっかくのチャンスを台無しにしたりします。そうした潜在意識下にしまいこまれたネガティブな感情やトラウマを洗い流し、間違った思いこみの束縛から解放してくれるといいます。
貴方がネガティブに燃える怒りのエネルギーを平和で美しい表現に変えてしまったかのように貴方は感性的でクリエイティブモードなコミュニケーションが大変得意です。
貴方と周囲の人とのコミュニケーション貴方と貴方自身のコミュニケーション、そしてハイヤーセルフとのコミュニケーションを可能とします。また純粋でポジティブな自分を表現するには最高のパワーストンです。ラリマーは、貴方に変化し、成長していくこと」を教えています。
古代アトランティスの前世のある貴方には日々身につけることによって古代アトランティスの記憶を呼び起こすアイテムとなります。

ラリマーの配置と合致するカバラ数秘術の数秘は6です
陽(+)独創性 忍耐力 向上心 温厚 誠実 親切 献身的 感受性 優雅 審美眼
陰(-)自信過剰 頑固 嫉妬 独占欲 我侭 誇張表現 自閉的 打算的 喪失感
宇宙の高次元意識をシンクロながら能力が開発されスピリチュアルクリエーターとしての才能が開花します。内に秘めた感情の波は激しく傷つきやすい繊細なハートの持ち主です。

【ローズクォーツ】
十字架の右に配置したローズクォーツは現在を表しています。
ローズクォーツは愛の波動を高める石とされています。輝石の神秘なる力を踏まえながら現在の状況を視ていきます。貴方の仕事場やプライベートな空間は女性的でとても優しい波動に包まれています。女性にとって理想する波動を提供するプロフェショナルな活躍を感じることができます。しかし優しい愛の波動だけに包まれている貴方は内面は激しいほど強いエネルギーに魅力を感じています。ストレスを感じ場合押さえきれないほど激しい衝動に駆られてしまい自分を見失う傾向があります。今の課題として今、親交がある友人、知人以外に貴方の好奇心を満足させてくれる友人を作ることです。こうすることで視野がますます広がり新しい気づきが訪れます。現世の貴方の魂はスピリチュアルなOSの上をクリェティブというアプリケーションが動いています

ローズクォーツの配置と合致するカバラ数秘術の数秘は4です。
陽(+) 論理的 聡明 博識 現実的 忠実 親切 合理的 責任感 勤勉 忍耐力
陰(-) 保守的 偏見 杞憂 依存心 被害妄想 頑固 懐疑的 破滅的 打算

【クンツァイト】
十字架の下に配置した十字架の右に配置したクンツァイトは過去(前世)を教えています 純粋な愛の光見返りを求めない純粋な無償の愛を教えてくれるクンツァイトは高次元のヒーリングパワートンといわれています。クンツァイトの輝きから前世をリーディングしました。

Reading & Channeling
現世の貴方は二つの前世の影響を受けています。
①20世紀初頭(1892年)のアメリカ人のセラピスト
の女性です。彼女は長年セラピストをしながらホメオパシーの研究を続けていました。
研究の中でRadionics と出会いに波動の虜になりました。
後半の人生はRadionicsの治療師なり多くの患者を治療しています。

②17世紀初頭(1630年)のヨーロッパで魔術の研究をしていた前世があります。伝説の秘密結社の中で魔術の講師をしながら表の顔は科学者として薬剤の研究をしていました。

この二つの前世が貴方をスピリチュアルワーカーへと導いたと思われます。
クンツァイトの配置と合致するカバラ数秘術のペルソナ9です。
陽(+) 博識 聡明 包容力 親切 公平 理解力 温厚 受容性 如才無い 芸術的
陰(-) 無頓着 怠惰 複雑 分裂的 利己主義 虚栄心 頑固 受動的 優柔不断
ペルソナ 9 の性格
聡明でヒューマニストな雰囲気があります。人に同化しやすく神経質になりがちな
ところがあります。
同時に様々な影響を受け、何でも吸収し博識です。環境に左右されやすく
賑やかな場所なら賑やかになり、深刻な場なら深刻になり、掴み所がありません。
様々な価値観が入りこみ判断にかけ優柔不断なところもあります。
自己主張が苦手ですがいざとなれば驚くほど論理を展開します。
相手をいたわる優しい人なので、争いは避けたいと思い相手に合わせています。

総合的考察
女神の愛の波動を持つ戦士である。
全ては陰陽のバランス理論から思考回路がはじまり、表面は愛の波動で皆を癒しその背後では戦士ように激しい波動が貴方を動かしています。
しかしバランス理論の陰と陽のように絶えずバランスをとろうとするために様々なことでストレスに陥りやすいのがネックです。頭脳は宇宙最強のスーパーコンピューターのように高速で情報処理して宇宙の真理を物理的に現実にする力をもっています。職業で表すなら科学者であり生まれながらのシャーマンといったところです。過去性からもそのすばらしい才能が伺うことができます。今の貴方に一番必要なのは科学者(研究者)として貴方の知性と心を満たしくれる。良きアドバイザーを複数つくることです。
スポンサーサイト

カストラートと少年



Reading & Channeling

彼女の前世は、西暦1580年頃のイタリア人男性です。

【カストラートと少年】
この男性は、貧しい大家族の6人兄弟の末っ子として生まれました。
親の仕事は農家で、地主から土地を借りて小作人として
農業に従事してきました。しかし、過度な年貢と悪天候という
不運にたたられて収入が増えず飢えのとの戦いでした。

そんなある日のことです。
彼は親に用事を頼まれて地主のもとへ行く途中、
教会の前を通りかかりました。
その教会の前の広場には、自分と同じ年くらいの
少年達が集まっていました。

彼はその光景に驚き、傍にいた少年に話しかけました。
その少年が話すにはこれからカストラート(男性去勢歌手)
のオーディションがあるということでした。
そのオーデションに合格したら、男性としての機能を失う代わりに
名声と富・そして安定を手に入れることが出来るということでした。

彼は、親と自分が置かれている不運な状況を解決するためには
最良のチャンスだと思いました。
彼は親の用事があるにも関わらず、そのオーディションに
飛び入り参加しました。

場内は歓喜の声と緊張・そして天使の歌声に包まれています。
今まで経験したことのない音楽という芸術に触れ、
その瞬間音楽の虜になってしまいました。
どうしても音楽をしたいという気持ちが、彼の心を支配していきます。
自分の順番の待つ彼の心には、男性の機能を無くしてしまう
ことや去勢に対しての恐怖よりも、音楽をしたいという
気持ちが勝っていました。

高揚感の中、あっという間に彼の順番がきました。
彼は試験官の教えに従いながら、簡単な歌のレッスンを
会場内で受けます。

彼は10分ほどのレクチャーの後、曲に合わせて
アヴェマリアの曲を天高らかに歌上げました。
その歌声は、甘く切なく天使の歌声そのものでした。
会場の全ての人が目を閉じて、彼の歌に集中しています。
中にはその歌声に涙するものもいたほどです。
歌が終わり、場内は拍手の渦に包まれました。

その後、彼はカストラートの道に進み、
オペラ界のスターの座に登り詰めて行きました。

彼の名声はオペラ界の歴史の中に刻まれています。

【前世の記憶と運命】

前世で、彼は生活のために受けたオーデションで
自分の夢を叶えましたが、その中で失ったものは
家族の愛や友情や優しさです。

今生では、前世で感じることができなかった
人の優しさや愛を人間関係の中で感じ、
またそれらを表現していくことが
テーマとして与えられています。

【考察】
愛をテーマにしたことが、これからの
キーワードになっていきます。
また、前世の記憶を経験値として生かすために、
音楽を楽しんで聞いてください。
そうすることでハイヤーセルフからの
メッセージを受け取ることができ、
貴方をアセンションへと導きます。

魔女と封建制度



資料・★魔女狩り
魔女狩り(まじょがり)とは、キリスト教国家で中世から近世に行われた宗教に名を借りた魔女とされた人間に対する差別と火刑などによる虐殺のこと。根拠は聖書、旧約聖書の出エジプト記の律法を述べた22章18「魔女(ヘブライ語メハシェファ)を生かしてはならない」であった。
魔女と判断された人間が拷問や一方的な裁判の末に残虐なやり方で死刑に処されたもので、犠牲者は200万人とも300万人とも言われている。そのほとんどは下層階級や異教徒、非白人などの社会的弱者・マイノリティーであったのも大きな特徴である。魔女は女性が多いと認識されており、被害者の大半は女性であったが、「男性の魔女」というのもあった。これは迫害対象としてのカテゴリー化で、いわゆる「魔術師」「魔法使い」とは別なものとされた。
★異端審問と魔女狩り
魔女の火刑異端審問とは12世紀末、南フランスでアルビ派、ワルドー派といった異端が勢力を得たため、1209年、ローマ教皇インノケンティウス3世は異端に対する討伐軍を派遣し、徹底的な弾圧を行った(アルビジョア十字軍)。1229年頃までにアルビ派は衰退したが、他国にも異端運動が起こりつつあった。危機感を抱いたグレゴリウス9世は1233年に異端審問官を置くことを決めた。 異端審問は徐々に激化し、被疑者の拷問、処刑などが行われるようになる。当初、呪術使いである魔女とカトリック教理に反する異端とは区別されていたが、アヴィニョン捕囚期のヨハネス22世は1320年に魔女を異端として処罰するように命じた。土着宗教の信仰対象はキリスト教によって悪魔であるとされ、それにすがる者は悪魔の協力者であるとして異端審問の対象とされた。

★魔女狩りの広がり
15世紀中頃、異端審問官ヤーコプ・シュプレンガーとハインリヒ・クレーマーが『魔女の鉄槌』(1485年)を著し、その中で魔女の定義を述べている。悪魔と契約した女性としての魔女像が広がっていくこととなる。当初は社会から浮いた存在であった人々が犠牲となっていたが、次第に利害関係の対立相手から魔女として告発されたり、天災や病気の発生、噂や奇術師などまでが根拠となって告発されたりなどするようになっていった。 教会は魔女を処刑するとその財産をすべて没収していたため、教会にとって魔女狩りは大きな利潤を伴う事業となっており、魔女をできるだけ多く自白させるために教会は注力した。また、「魔女を見分けることができる」と称する人々が現れ各集落を訪れ次々と魔女を告発することもあった。これらの告発者には羊飼いを本業とするものが多かった。これは羊飼いが自然と接することにより力を得るとの迷信や、キリスト教で羊飼いが聖なる職とみなされていたことに由来するともされる。魔女狩りによって捕らえられた人々は魔女裁判にかけられた。この裁判では無実の判決が下る可能性はほとんどなく、火刑に処せられることもあったことから「火刑法廷」とも呼ばれた。魔女狩りは中世特有のものではなく、ルネサンス、宗教改革の時代を経て、さらに激しくなり、プロテスタント側も魔女狩りを行い、1600年を中心にした100年ほどが魔女狩りの最盛期であった。イギリスの魔女狩り令は1736年まで存続していた。アメリカ合衆国でもしばしばこういった事件が起こり、特に1692年ニューイングランド地方のマサチューセッツ州セイラムで起きた「セイラムの魔女狩り」事件は有名である。その時、有罪の判決をした判事の子孫は、魔女狩りをテーマに彼の代表作とも言うべき小説を書いた。ナサニエル・ホーソーン(1804年-1864年)の『緋文字』がそれである。あやふやな不倫の疑惑で、家から社会から放擲されていく女性の悲劇を描き、アメリカ文学史の傑作といわれる。なお、残念な事に「魔女狩り」は21世紀の現在も非公式な形で行なわれている。2000年10月、オクラホマ州タルサで、パブリックスクールに通う女生徒が“白魔術に関する本を読んでいた”“掌に六芒星型の痣がある”“教師を魔法で病気にした(但し因果関係は証明されていない)”などの理由で学校から魔女とされ停学処分になった例、2001年2月にはミシガン州で、12歳の女の子がやはり白魔術に興味を持っていたという事でいじめに遭い、自殺した例があるという。Reading & Channeling
中世、ヨーロッパは封建制度の中で悲劇が繰り返されてきました。
代表的なのが魔女狩りと魔女裁判です。そして現在も世界のどこかで人権を無視した悲劇が繰り返されています。貴族階級とキリスト協会は聖書の内容を都合のいいように解釈を加えて社会を支配していました。キリスト協会が説く聖書の教えは全て真の正義であるかのようにイエスキリストの名のもとに大名義分を掲げて弱い農姑階級の不満やストレスを特権階級からそらすために同じ階級の中にイエスキリストを否定する悪魔と契約した魔女がいると群衆心理を煽り統一しようしました。特権階級が仕掛けるマインドコントロールは群衆の心理を同じ農姑階級に向けされることによって上級階級の非難をかわす目的と農姑階級を統一する目的の為に使われてきました。また女性という弱い立場をターゲットにすることによって男性主義社会を維持する目的もありました。その犠牲なっていたのが魔女扱いされた女性です。歴史の真相を探るため魔女とされた最初の被害者をリーディングします。西暦1628年5月24日 フランス人の女性、年齢40歳、栗毛色の髪とブールの瞳、身長165cm、体重48㎏ 、そして2歳になる娘がいました。彼女は自分の娘が生まれながらにして病気がちなために何とかこの子を健康してあげようと色々な書物を読み薬草の研究をしました。努力が実り薬草によって娘の病気を治しました。娘の病を治した彼女は自分の娘と同じ病気で悩む人たちに薬草の知識を広めていきました。その評判は国全土に広まり薬草で病気を治す奇跡の母と呼ばれるようになりました。しかし、有名になるにつれて魔女の薬草で病気を治してると悪い噂が立ち始めました。彼女は薬草の正しい知識だと弁解しましたが、医学知識の乏しいこの時代に医師でもない普通の女性が病気を治すことなど出来ない!おかしいと貴族の医師が騒ぎ出しました。貴族階級と関りが深いキリスト協会は旧約聖書中の一文を医師の名誉を守るために勝手に書き変えてしまいました。病を治したり奇跡を起したりする女性は悪魔と契約した魔女である。イエスキリストの名において魔女はこの世から抹殺しなければなれないと書き変えられてしまいました。次の週の金曜日、キリスト協会は民衆を広場に集め聖書の書き換えた一文を読み上げ、貴族から弁護人・協会からは裁判人を選び火刑法廷裁が行われました。全ての裁判は魔女として有罪となり火あぶりの刑に掛けられました。幼い娘は痛ましい母親の火刑を目の前にして泣き叫びました。声が枯れるまで泣いても涙はとめどなく流れ落ちます。無実の罪で処刑にあった被害者の魂はメッセージを伝えています。これから何百年経とうが国を動かす力が善良な民衆の力の集まりで無い限り非合法的な殺戮や裁判が正義の名の下にまかりとおり歴史は繰り返されて私のような被害者を大勢つくるであろうと魂は叫んでいます。今もなお忌まわしい歴史が繰り返され世界各地で大勢の被害者を出しています。世界の大国は歴史に目を向け過去を反省して民衆の力による国をつくることが大事だと思います。わが国も過去の悲劇を繰り返さないためにもっと、国民優先の国造りが必要です。私は中立的な意識で過去の悲惨な歴史を繰り返さないよう働きかけていきたいと思います。

自然と癒し



資料①朝日新聞
抗がん力持つ細胞、森林浴で機能向上 森林総合研究所
森林浴をすると抗がん能力が上がるとの研究成果を農林水産省系の独立行政法人・森林総合研究所がまとめた。森林浴の新たな一面として、注目を浴びそうだ。森林総研が日本医大公衆衛生学教室のチーム(責任者=李卿・講師、川田智之・教授)に委託した研究で、林野庁が13日午後、発表する。 実験の対象は東京都内の企業に勤める37~55歳の男性会社員12人。それぞれ残業や通勤時間が長く、高いストレスにさらされている人を選んだ。12人は、9月2日から3日間、長野県飯山市内の森林に滞在。1日目は雑木林で午後から2時間、2日目はブナ林とスギ林に囲まれた遊歩道を2時間ずつ散策した。 2日目と3日目に血液検査をし、ふだんの状態と比べたところ、がん細胞を破壊するナチュラル・キラー(NK)細胞の元気度を示す「NK活性」が、2日目で平均26.%、3日目で同52.6%上がった。血中のNK細胞の数や、NK細胞が出す抗がんたんぱく質も増えていた。 NK細胞の機能が高まれば、抗がん能力は高まると考えられている。研究チームは、樹木が発散するフィトンチッドが緊張をほぐし、NK細胞の働きを抑えるストレスを低下させたと判断。「仕事を休んだことの影響も考えられるが、3日目の数値が格段に上昇したことなどからも、森林浴による効果と考えてまず間違いない」と結論づけた。 農水省は森林浴を医療や健康づくりにいかす「森林セラピー(療法)」の普及に取り組んでおり、「森林浴の効果に関する科学的知見が一つ加わった」(林野庁研究・保全課)としている。
Reading & Channeling
『近年高まるナチュラル志向・心、身体の癒し・自然の癒し』
自然の癒しとして頭に浮かぶのは森林や海です。この二つには共通のものがあります。木は生きながら酸素を作りマイナスイオンを放出します。風の音や動物の声はF分の一のリズムを刻みます。海もまた海草が酸素を作り海の波しぶきがマイナスイオンを発生します。形が変わっても人間にとっての最高の癒しを与えています。
自然と深く接することで、ストレスが緩和され傷ついた細胞が復活して自然治癒力を高めていきます。この効果は自然を生活の中に取り入れる一つのメリットといえるでしょう。しかし、現代人、特に都会に暮らす人は自然と触れ合う時間は極端に少なくなっています。こうした状況を解消する方法の一つとして人工的に自然を体験出来るメカニズムを自分の意識の中にプログラムする方法があります。そのプログラムを日々実行することにより健康を維持したり健康を増進することができます。又、現代人は呼吸が浅く酸素の取入れが少ないため機能を回復するための酸素量が不足しています。これらを解消する方法の基本は「呼吸法」です。
その方法は.....腹式呼吸を心がけて深くをゆっくりと鼻から息を吸います。そして、その呼吸法と連動してイメージも使います。息を吸い込む瞬間に空気中のプラナ(気の光の粒子)をイメージください。プラチナ色に光り輝く光の小さな粒子(プラナ)を空気と共に吸い込んで下さい。この方法はどこでも簡単に出来ます。プラナを吸い込んだあと光の粒子がお腹のいっぱいに溜まり、その光がお腹から全身に広がっていく様子をイメージしてください。次に息を吐くと共に体内の悪いものが煙のような形で、体外に出ていくことをイメージしながら口から糸を引くようにゆっくり息を吐き出してください。腹式呼吸とイメージを連動して続けていくうちに体内の悪いものがイメージの中で消えて身体に充満したプラナの光の粒子が出てきます。何度もこの方法を繰り返すうちに全身を七色の光が循環していきます。七色の光を感じてきたら身体の感覚は無くなり、意識だけが存在して自分が神に生かされてまた自然の中の一部だという自覚が生まれます。自覚した貴方は花や木・または海・山などを綺麗だと純粋に、素直に感じるようになります。自然治癒力が働きストレスから開放され森林浴を経験したかのような体験をすることが出来ます。日々、腹式呼吸とイメージの連動を繰り返す事で健康増進と病気予防につながります。健康な人もそうでない人もこのような方法で癒されてみてください。心と体の健康維持とストレスの解消に繋がることでしょう。

少年犯罪 と魂の成長



資料 ① 読売新聞 
少年犯罪
6歳と3歳の兄弟連れ回す、高1少年を逮捕…北九州・福岡県警折尾署は9日夜、6歳と3歳の兄弟を連れ回したとして、北九州市八幡西区の高校1年の少年(15)を未成年者誘拐容疑で緊急逮捕した。調べによると、少年は同日午後4時15分ごろ、同区の公園で、遊んでいた近くの会社員男性(31)の長男と二男に「探検に行こうか、怖いところに行こうか」と声をかけ、約1時間にわたって、同区内を連れ回した疑い。兄弟にけがはなかった。自宅から公園の様子を見ていた母親が、2人だけで遊んでいたはずの兄弟の姿がないことに気づき、探したが見つからなかった。兄弟は間もなく帰宅。「(少年に)連れ回されて『帰るな。帰させない』と脅され」と話したため、母親が同6時半ごろ、110番通報した。目撃情報などから、少年が浮上した。「悪いこととは知っていた。子供が『帰りたい』と泣き出したから帰した」と供述しているという。
Reading & Channeling
加害者(少年)の潜在意識をリーディングしました。少年は2歳後半から3歳の前半に掛けて育児ノイローゼに悩む母親から虐待を受けていました。 泣くと頬を打たれ、食事中、食べ物や飲み物をこぼしたり、様々な場面で罵声や暴力などの虐待を受けました。この辛い出来事が幼い少年の心に深い傷として刻み込まれ、トラウマとなり、ストレスの原因になってしまいました。このトラウマが、少年は絶えず親の目を気にするようになり、いつも良い子でおとなしい、内気な自分を演じるようになりました。高校の夏休み、出かけた帰り道、近道をしようと公園の中を横切ろうとしたときです。少年と同じ高校の生徒が、小学校低学年の児童に罵声を浴びせながらおもちゃのように虐めていました。その光景を目の辺りにした瞬間、育児ノイローゼの母親から虐待を受けていた頃の記憶が蘇りました。そして抑えきれないほどの感情が湧き上がりコントロール出来ないほどのストレスに襲われました。しかし、その場は何とか立ち去りました。その強いストレスを引きずりイライラと過ごしていたある日、幼い兄弟の姿が少年の目に止まりました。少年は幼い頃の虐待のストレスを兄弟に向け暴力で発散しようと考えました。しかし、母親と同じことをしてしまいそうになっている自分に気付き、暴力は振るわなかったものの、言葉の凶器を振りかざしました。恐怖に泣き叫ぶ兄弟を見ているうち、自分が泣き叫んでいたあの頃の気持ちを思い出し、兄弟を解放しました。 
[Healing]
私は少年に対して心の寂しさを感じます。深く刻み込まれたトラウマを中和するために少年の母親をイメージしました。そして母親が少年に対して虐待したことを心から謝り、優しく子供を抱きしめる姿をイメージしながらESPパワーを送り潜在意識のネガティブなトラウマをポジティブなプログラムに書き換えてました。その瞬間、少年の顔が笑顔に変わり母親に対する憎しみも消えたと感じました。どんな子供でも心の奥底には水のように純粋な心があります。その純粋な心を汚れた色に染めてしまう原因は様々ですが、深い愛情で優しく心も体も包み込んであげることが必要です。また時には、わが子であっても他人の子供であっても善と悪を正すために叱り、深い愛情と思いやりで教えてあげることも必要です。このように本当の愛情を与えられた子供たちは、自然と愛情に答えるように魂が成長します。そして、与えた人自身の魂も成長し守護霊の霊格があがり運がアップします。子育ては日々、子供の成長を感じるだけでなく、それに正比例して育てる側も親として成長しています。この法則は殆どの大人が実感しています。他人に何かを与えたり、してあげる時に意識的にも無意識にも見返りを考えない事により良きエネルギーが自然と自分に返ってきます。そうです、子供に対して無意識に見返りを求めず自然に行っています。この「与えるエネルギーの法則」を試してみてはどうでしょうか?幸運のサイクルが自然に動き出します。

アクエリアス時代・予期と未来そして暗示するもの



Reading & Channeling
近年、自然災害が世界各地を襲い大なる被害を世界に与えています。わが国・日本でも被害を受けた暗いニュースばかり続いています。 私が関西を拠点に活動していた11年前、兵庫県南部地震の約1年前のある晩から不思議な夢を毎日みていました。 世界が自然災害によって建築物が無くなりただの荒地なっていくという夢でした。夢の中に登場する人物は家族や知人、友人でした。彼らは 荒れ果てた大地でお互いに 協力しながら生活をしていました。
私が夢の中の世界に入っていくと自然の中で生きるために必要な能力は人間自身が持っている超感覚能力だということを教えてくれました。人間が文明社会で犯した罪の代償として神は自然災害を罰として与えます。しかしその罰(災害)から助かる道も神が与えくれた超感覚能力です。 たとえば明日、大地震がある地区を襲うとします。 事実を真に受け止めて行動することができるでしょうか?知っていながら運命的事情から行動できない人つまり運命の中に組み込まれている人です。次にまったく信じない人です。二つの合計は全体の99%になります。
しかし1%の人は超感覚能力(ムシの知らせ)を正しい情報と判断して、危険を回避するだけを優先した結果救われています。 神は人間の悪しき行いに対して自然災害を天罰として引き起こしました。神は同時に救いの手も差し伸べています。それが超感覚能力です。矛盾しながらも神は人間に対して平等なチャンスを与えています。神の慈悲に気付く為に少しの努力と自らの超感覚を呼び覚ます能力開発が必要です。 Never Feelの超感覚開発セミナーを受講したりカウセリングを受けたクライアントは大地震にも関わらずそのほとんどは無傷でした。そのほかは軽度の被害しか受けていません。能力開発をした結果が奇跡を起こしたのでしょう。
これからの時代、災難から自分を守りまたチャンスを掴み幸運というビックウェーブに乗るためには超感覚的能力をみに付けることが大切なことです。 兵庫県南部地震はアクエリアス時代を迎えるための準備でした。この時代をより良く生きるには水のように透明な心と超感覚能力が必要です。日本全国・世界各地で自然災害と矛盾した戦争が絶えず起きています。 本番に入った今、このアクエリアスな時代に相応しい社会的秩序が徐々に出来てきています。 自然災害はそこに暮らす人々に精神的にも経済的にも大変辛いことです。もう一度考えて見てください。何故、被災者になったのか危険回避出来なかったのか?貴方も超感覚的なムシの知らせを感じ取っていたはずです。それを信じていれば危険回避できたはずです。 今からでも遅くはありません。超感覚的能力を開発して貴方に降りかかる災難や不運から身を守る術をみに付けてみたらどうでしょうか。全ての不安感が消えるはずです。震災の犠牲になれた人々のご冥福を心からお祈りいたします。迷える御霊は私が供養しました。強いマイナスエネルギーを経験して亡くなられた方は数年後・人間として生まれ変わります。生前より素晴らしい人生が待っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。